解体が始まりました。

実家の旧家屋の解体が昨日から始まりました。
ついに、いよいよ、現場が動き始めます。

解体打合せの際に朝9時から9時半の間くらいにスタートします、と聞いて
いたので、初日の昨日、息子を幼稚園に送り出し朝の家事がひと段落した
10時頃に行ってみました。
今住んでいる賃貸マンションから新居が建つ実家までは車で約3分、徒歩
だと10分弱くらい。


作業は開始されていましたがまだ特に変化なし。

家の周りをぐるっとコの字型に覆ってから壊していくらしく、午前中は
そのための枠組みを設置し、午後から取り壊しに入るそう。(お義父さん談)
トラックにはたくさんのポールが積まれていました。

打合せのときにもお会いした解体業者の親方さんに挨拶をし、見ていても
変化が無さそうだったので一度家に戻りました。
先週の打合せ後に近隣の方への挨拶は済ませていたのですが、その日も
改めて親方さんが回ってくれるそう。
特にお願いしたわけではないのにその配慮に安心しました。

その後お義母さんから電話をもらい、寒いし、特に問題が発生しなければ
こっちで対応するから気にしなくていいよ、わざわざ来なくても大丈夫だよ、
と言ってもらったのですが、何となく気になって、14時過ぎにまた行ってみる
ことに。
義務感というよりは、ただ単に、興味津々なんですよね~~~笑。



でも。
写真を撮ってきたのですがこんな感じ。
(モノクロ加工しました。)

e0293961_165048100.png













分かりにくいですが、まだ半分くらいしかポールが組まれていません。
お義父さんは「午後から取り壊し」と言っていたのになぁ~??

でもよく考えたら作業員は3人、トラックが一台と普通の乗用車が一台のみ。
重機らしきものは見当たりません。
ってことはその日は家を囲うだけで取り壊しは翌日?
うん。きっとそうに違いない。

・・・ということで写真を数枚だけ撮ってまたすぐに帰ってきちゃいました。





さぁついにうちも差し入れの日々…と意気込んでいたのですが(笑)、どうやら
お義父さんとしては「今どきはそんな必要はない」という考えのよう。
確かに、近頃は『差し入れ等の必要はありません』と言われるHMさんが主流の
よう。
私も迷いました。
営業さんに相談すれば間違いなく「要らないですよ」と言われるだろうけれど、でも、
お世話になるのだから毎日は無理でもたまには何か持って行きたいし。。。
かえって迷惑にならないように、様子を見つつ判断しようと思います。
現場の方と少しでもコミュニケーションが取れればいいのだけどな。

解体業者さんとは約一週間のお付き合い。
せめて初日と最終日くらいは差し入れを…と考えていましたが、ダンナも一緒の
翌日、再チャレンジすることにしました。






解体する旧家屋は約30年ほど前にお義父さんが建てたおうち。
(当時、現金のみで支払ったそう・・・!)
結婚するまではダンナが暮らしていたし、亡くなったお母さんの思い出もたくさん
残っているだろうし、数年前までは今の義両親が住んでいたのです。
(あ、今のお義母さんは後妻さんです。)
私も結婚の挨拶で初めて訪れた日のことを鮮明に覚えています。

リフォームしてそのまま住み続けて欲しいというのが当初のお義父さんの希望
でした。
ダンナもそれでもいいと思っていたところを私がどうしても新築したい!と言い、
今日までに至るのです。

なので、なんというか、旧家屋の最後をちゃんと見届けねば…という想いが強く
あるんですよね。
そして、将来についてキッチリ覚悟を決めなければ…と、なんとなく私の中で
ちょとした「儀式」のように感じています。









ランキングを励みにしています。クリックよろしくお願いします♪
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ
にほんブログ村
[PR]
by ouchi-o-tsukurou | 2013-01-26 12:00 | 旧家屋の解体


主婦keikoのセキスイハイムのおうちを建てるまでの日記です。よろしく。


by ouchi-o-tsukurou

画像一覧

検索

ブログジャンル

画像一覧