願い叶わず…。

以前にも書きましたが私は色んな方のおうち作りブログを読むのが大好きで、
ちょっとしたヒントや視点を変えるきっかけをもらったり、漠然と考えていた
ことが整理されたり…といつも助けられています。

前々から大好きだったブログ、キコさんの『平屋を建てる』。
(ご存知の通りうちは平屋ではありませんが…)
その中でもとても心に残ったのがこちらの記事です。
WEB(外構)内覧会 お風呂 その2~窓の位置・考
キコさんの了承を得て紹介させていただくことにしました。キコさん、ありがとうございます♪



お風呂の窓についてです。

お風呂…前回も書きましたが、私は設備には拘りがありませんがお風呂は大好き。
超!長湯です。(週末限定)
今の賃貸マンションはお風呂に窓がありません。賃貸なんてそんなもの。
なのでお風呂はすぐにカビだらけ~~
掃除が大変、完璧にキレイにするのは諦めてます。。。見ないふり。。。ダメ主婦~~
新しいおうちのお風呂に窓は必須!
でもそれはあくまで換気、通風が目的でした。

間取りプランに最初にあったのは、地窓。
これです。(セキスイハイムのHPから画像拝借)

e0293961_1352068.jpg














外から覗かれる心配がなく、箱庭でもあれば窓を開けて眺めながら湯船に浸かれて
最高…なんでしょうが…なかなかねぇ。
きっとガラスもカスミタイプ、それであってもこの位置だと姿が透けて気になりそう。
写真の通り、ブラインドが必要になりそうです。
ちなみにお風呂は北東の角に位置し、北側は隣家、東側は両親が住む母屋ですが
建物は隣接しておらず少し距離があります。
湯船が東側だったらこの地窓でもよかったかなぁ…
でもやっぱりちょっと大きすぎる気もします。

そんなことを考えているときにキコさんのブログの記事を読んで目からウロコ!の
想いでした。

HMで家を建てるのと、建築家が建てるのと、こういう視点が違うんでしょうね。
もちろんどちらも長所短所があるでしょうから、セキスイハイムで建てることに
不満も後悔も全くありません。
でもそこにこういう建築家さんの考え方のエッセンスをちょっと取り入れられたら
最良なのでは…。
そう思って我が家のお風呂を考え直してみました。


赤線が当初、地窓が付いていた位置。

e0293961_23204494.jpg














お風呂スペースにおける出入り口の位置と湯船の位置は変えられません。
では窓の位置は?
北側の壁にに窓、をやめて東側に。
そして気付いたのです、この湯船…間取り図では分かりづらいですが形状からして
東側(シャワーブース側)を背もたれにして浸かるタイプだと。
ということは、東側に窓を付けても背中側。
窓の外の景色を眺めながら湯船に浸かれない…!

うーんうーんうーん。
早速、営業さんに相談してみました。
湯船の位置はこのままで、向きを180度変えられないかと。
何となく、簡単にできるような気がするでしょう?そんなに大がかりな変更ではない
気がしますよね?


でも…



セキスイハイムではできませんでした。


がっかり。


何となくそんな予感はしていたんですけどね。


キコさん!やっぱりできませんでした。。。



でもいいんです。
私には、検討したかしなかったかが大事なのです。
何にも考えずに何となく窓を付けたのと、色々検討してみたけれど結果こうなった
(それが希望通りではなくても)のとでは後悔の度合いが違うと思うのです。

窓のタイプは縦滑り出し窓(Yキッチン)にしました。
今のところ東側の予定です。
でも換気、通風のことを考えたら北側の壁がいいのかも。
日中、洗面脱衣室の出入り口とリビングの掃き出し窓を開ければ風が通り抜け
易いような気もしますよね。
ダンナと営業さんに相談してみなくては。。。





たかがお風呂の窓、されどお風呂の窓。
こういうことを考える時間もまた、おうち作りの醍醐味のひとつかもしれません。













クリックするとランキングが上がります。どうぞよろしく♪
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
[PR]
by ouchi-o-tsukurou | 2012-10-31 12:00 | 間取り・設備


主婦keikoのセキスイハイムのおうちを建てるまでの日記です。よろしく。


by ouchi-o-tsukurou

画像一覧
更新通知を受け取る

検索

ブログジャンル

画像一覧