敷地調査の結果。

前回、すべては敷地調査の結果が出てから・・・なーんて大袈裟に書いたけれど、
建てる位置の候補は数パターンしかありません。

現在の離れの位置
母屋側へずらした位置
畑側へずらした位置
敷地内のまったく別の位置を再検討

夫婦で話し合った結果、第一希望は現在の離れの位置、第二希望は畑側へずらした
位置、それでもダメならまったく別の場所を再検討。
母屋側へずらす位置はナシ。
せっかく思い通りの理想に近いおうちが建てられたとしても、位置によってはその住み
心地が半減するので妥協しない。
日当たりも悪く、両親が窓のすぐそばを通るのが気になってカーテンを閉めっぱなしの
毎日なんて考えられない!


敷地調査の結果も、結局のところ登記上の資料と大差ありませんでした。
HMの営業さんに頼んで揃えてもらった資料(上の4パターンの配置図)を持って、いざ、
義父の意見を聞きに・・・。

結果、ちょっとした義父の誤解は解けすんなりと話が進み、義父も私たち夫婦と同じ
希望でした。
というか・・・そこしかあり得ない、と言った方が近いかも?!



ということでめでたく意見が一致し、今の離れの位置に建てる=番地をまたがって建てる
ことに決定、その為の面倒な手続きや処理に取り掛かる方を選択しました。
そもそも、登記上のこと、手続き上のことに拘って建てる位置を決めるなんて本末転倒、
住みやすさ、生活のしやすさを優先させるのが当たり前のことだよね、と。。。

番地に関しては分筆登記することになりました。
<分筆登記とは・・・一筆の土地(一個の土地)を二筆以上の土地(二個以上の土地)に
分割する登記のこと。 (逆に、複数の土地を1つにまとめる登記を合筆登記という。)>
結構な費用が発生しそうですが、致し方ありません。。。

土地名義の方も、何とか収まりそうな感じです。



当初、どちらかの番地にずらして建てた方がスムーズ、と言っていた営業さんも、
敷地調査で実際に土地を見てみて、面倒な手続きをしてでも今の離れの位置に建てる
のが一番だろうと納得してくれました。
これで、両親、私たち夫婦、HMの意見が一致し、気持ちよく前へ進めます。ほっ。




ということで、落ち込んだ私の気持ちもどうにか浮上。
土地問題っていろいろあるんだなぁ・・・と身に染みました。
[PR]
by ouchi-o-tsukurou | 2012-09-20 01:09 | HM契約までのこと


主婦keikoのセキスイハイムのおうちを建てるまでの日記です。よろしく。


by ouchi-o-tsukurou

画像一覧

検索

ブログジャンル

画像一覧