再び、始動!?

夢破れた今年の1月。
しばらくは家のことは何も考えたくありませんでした。
一生この賃貸マンションに住もうとヤケになり、今のこの部屋を大事にしよう、と冷静に
思い直し、浮かれていた気持ちを引き締めて地に足がついた生活をしよう、
と自分に言い聞かせていました。



そんなこんなで月日が経ち・・・

実家の方で少し動きがあったりもしたけれど(母屋、離れ以外のプレハプ家屋を取り壊し
土地を整備したり、義父が病気をしたり)期待して裏切られるのが嫌だったので、
将来のこと、家のことは両親の前では敢えて話題に出さないようにしていました。

ダンナくんとはぽつぽつと、どうしようねぇ、考えないとねぇ、なんて話しつつ、行動は
起こしていませんでした。
現実逃避。



そんな中。

今住んでいる賃貸マンションのすぐ隣の区画に、お友達が家を建てることになったのです。
何でもざっくばらんに話してくれる気さくな友達で、HMのことアレコレ教えてくれました。
地元を中心に活動している中規模なHMです。
(中規模なんて言ってごめんなさい。馬鹿にしているとかでは全くないです。比較の問題です。
確か、母体の会社は大きいです。)
いよいよ家が建ち、入居前の完成見学会にお邪魔することになりました。



それと同時に、世間を賑わせている消費税アップの問題が浮上。
2014年4月から消費税が8%に。
どうしましょう。お給料もその分増えればいいんだけれど。。。

どうせ家を建てるなら消費税アップの前に建てたい。
その為にはいつどのタイミングで動けばいいのか。

確定ではないけれど、半年前の2013年9月には請負契約を結び、且つ、2014年4月までに
引渡し完了しなければならない、というのが今のところの見通しのよう。
それならまだ契約までに1年もあるか・・・と思いがちだけれど、そう悠長にも言ってられない
みたい。
家を建てる予定がある人は皆同じことを考え、同じタイミングで動き出すに違いない、いわゆる
駆け込み需要があるだろう。
そうなったら、HMがパンク寸前で思い通りのスケジュールが組めるかどうか怪しいもの。
やっぱり早め早めに動かなくちゃね。

なーんてダンナくんと話し、お友達新居の完成見学会の翌週、そのHMで話を聞くことに
なりました。
で、やっぱり、実際の土地を見せてくださいって流れになるわけです。
そうするとまた義父にお伺いを立てなければいけないわけです。


その直前に実家で、またダンナくんと義父とのやり取りの中で「離れを取り壊して新築しても
いい」と言っていたらしいのですが(私はその場にいなかった)、前回のことがあるから慎重に
なってしまいます。

でも!
ここを避けていては前に進めない!
いつまでも現実逃避していられない!


ということで、ダンナくんに義父と話しに行ってもらいました。
新築と、リフォームと、それぞれのメリット・デメリットをまとめた資料を持って。
それ実は、その地元のHMの営業さんが作ってくれた資料なんですけどね。
分かりやすかったです。
リフォームでは住宅ローン控除が適用されないとか、銀行金利が高いとか、あと何といっても
大きなポイントは、リフォームでは耐用年数が15年くらいらしく、まぁそれはリフォームの内容
にもよるでしょうから一概には言えないけれど、仮に15年として、15年後はおそらく息子が
大学受験の頃でお金が必要な時期、家のことに使う余裕はないんじゃないか・・・ということ。
なるほど、と思いました。
もちろん仮定の話なので実際はどうか分からないけれど、そういう観点で考えることも必要
なんだな、と思って。。。


そして。

その資料に心を動かされたのかどうかは不明だけれど、結果として、義父から新築OKの
返事が貰えました。一安心。
一安心ではあるんだけれど・・・わーい、やったやった!という気分でもなく。
前回のことがあるので、いつ状況が覆されるか分からない、何事も慎重に進めなければ・・・
夫婦だけで暴走せず、両親への報告や相談を怠らないようにしなければ、と思っています。




これが、ちょうど今から1ヶ月くらい前のできごとです。
[PR]
by ouchi-o-tsukurou | 2012-08-28 01:44 | HM契約までのこと


主婦keikoのセキスイハイムのおうちを建てるまでの日記です。よろしく。


by ouchi-o-tsukurou

画像一覧

検索

ブログジャンル

画像一覧